神秘的な山岳信仰の聖地〜国玉神社 中宮【福岡県・豊前市】

おはようございます!

今日は福岡県豊前市の求菩提山(くぼてさん)に鎮座する「国玉神社」をご紹介します。

大分県に隣接する豊前市には、「一山五百坊」と称された修験道の聖地・求菩提山があります。

山に入ると、のどかな里山の風景からイッキに霊山ならではの厳かな雰囲気に。

人々が修行し、祈りを捧げた場所が多く見られます

今回目指したのは、昔から求菩提の山岳信仰の中心地となっている国玉神社の中宮。

まずは「求菩提資料館」まで行き、事前に情報を得てから聖地を巡るのがおすすめです。

資料館からさらに車で行けるところまで行き、そこからは山中を歩きます。

山中といっても、道はちゃんとあって、石段もあるので安心ですよ(ケモノ道とか岩場とかではありません)。

道の途中でも面白いものに出会えます。

なんと!!苔むした傾斜の場所に、何やら動物の顔が!!

これは「獅子の口」といわれるもので、江戸時代前期につくられたと推測されています。

獅子の口からは水が流れていて、なんだか触れるとご利益をいただけそうですね〜

獅子の口の上の方には、石仏がお祀りされていました。

そしてこちらも素晴らしい!!

国玉神社の中宮へと向かう途中にある、大きな石の鳥居です。

苔むした鳥居は周囲の景色に溶け込んで、まるで生きているかのような存在感があります。

鳥居の両端には、狛犬の姿もありました。

そしてようやく国玉神社の中宮に到着。

大きな石段を登っていくと、ご社殿が見えてきました。

神秘的な佇まいですね~~

国玉神社は、かつて「求菩提山護国寺」といわれ、8世紀初めに建立されました。

12世紀半ばには天台宗の寺院として再興されています。

もとはお寺だったんですね。

そして明治元年に、現在の「国玉神社」に改められました。

ご祭神として

◆伊弉諾命(いざなぎのみこと)

◆伊弉冉命(いざなみのみこと)

◆顕国霊神(うつしくにたまのかみ) をお祀りしています。

また、ご社殿の横には苔むした空間があり、かつてあった多宝塔の跡が残されています。

当時のイメージも紹介されていましたよ。

そしてこの中宮から、さらに山の上にある上宮を目指すこともできます。

鬼の伝説にちなんだ850段もある「鬼の石段」を上っていくと、上宮に辿り着けます。

上宮へお参りする場合は、大きく不揃いな石段を上ったり、傾斜も急なので、登山仕様の準備をしていくと安心ですね。

そんな国玉神社では、ご朱印もいただけます。 といっても現地は無人なので、求菩提資料館でいただきましょう。

こちらがいただいたご朱印です。

宝珠のような印もありますね。

私は福岡県在住ですが、求菩提山はずっと行きたくても、なかなか行けずにいた遠い存在の聖地でした。

今回、そのお山を登り、信仰の中心地にお参りできて本当によかったです。

とっても素晴らしい場所なので、皆さんも是非ぜひお参りされてみてくださいね!

《国玉神社 中宮》

福岡県豊前市大字求菩提202

豊前市公式ホームページ/求菩提山 (buzen.lg.jp)

《求菩提資料館》

福岡県豊前市鳥井畑247

求菩提資料館 (buzen-kk.jp)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次