仏像が魅力の鬼門封じのお寺〜如法寺【福岡県・豊前市】

おはようございます!

今回は福岡県豊前市の「如法寺(ねほうじ)」さんをご紹介します。

道路に掲げられた「如法寺」の看板が目印。

「軍師官兵衛の史上最大の宿敵・宇都宮一族の魂が宿る聖地」

と書かれています。

歴史ファンにとっては気になるスポットですね。

この看板から道路を渡り、しばらく坂道を上っていきます。

竹林に囲まれた静かな道中です。

そして着きました!

趣のある山門が出迎えます。

この山門には、筋肉隆々の「木造金剛力士立像」がありました。

平安時代末期の作といわれる貴重なもので、福岡県の有形文化財に指定されているそうです。

そしてこちらが本堂。

緑に囲まれた、素敵な佇まいですね。

如法寺さんの創建には諸説あるそうですが、求菩提山護国寺の末寺の1つである天台宗寺院として、「写経所」の役割を担いました。

また、求菩提山の北東方向(鬼門)に位置していることから、邪霊が入らないように「鬼門封じ」の役割も担っていたのだとか。

先ほどの山門の金剛力士像が、まさに魔除けの番人なんですね。

鎌倉時代以降は、宇都宮一族が座主を世襲してきましたが、戦国時代に一族が滅亡するとともにお寺も焼失。

江戸時代に黄檗宗の寺院として再興し、現在も黄檗宗寺院として信仰を集めています。

ちょうどお寺の方がおられたので、お声をかけて本堂の中でお参りさせていただきました。

奥にはご本尊の「如意輪観音像」が。

如意輪観音さま特有の、片膝を立てたスタイル。

これは民衆を救いに行こうとされているお姿といわれています。

如意宝珠と輪宝を手にされていて、穏やかな表情をされている、とっても美しい観音さまです。

室町時代の作といわれていて、豊前市の有形文化財に指定されているそうですよ。

そんな心和む如法寺さんですが、境内には見どころがいくつかあります。

まずはこちら。

蓮の花が並べられています。私が訪れた時はシーズン外でしたが、実は蓮の花が有名で、蓮寺といわれているそうです。

そしてこちら。

これはお寺の中でも有名な「写経水」です。

平安時代時代から写経所になっていた如法寺では、この水を使って写経が盛んに行われていたんですね〜豊前市の天然記念物に指定されているそうですよ。

その他、福岡県指定有形文化財の石塔群があったり、宝池寺跡(不動堂)なども近くにあるので、お時間がある方はゆっくり見回ってみてくださいね。

最後にお待ちかねのご朱印をいただきました。

「大悲殿」と書かれていますね。

迫力のあるご朱印です。

如法寺は、歴史や寺宝の多さも魅力ですが、水の気を感じるしっとりした聖地でした。

とっても癒されるので、是非お参りされてみてくださいね。

《如法寺》

福岡県豊前市大字山内991-1

https://www.city.buzen.lg.jp/kanko/miru/bunkazai/05.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次