楼門の精巧さに目が奪われる八幡さま〜別宮八幡社【大分県・豊後高田市】

おはようございます!

今回は大分県豊後高田市の香々地にある「別宮八幡社」さんをご紹介します。

こちらの神社は境内に入ってからご社殿までに距離があり、なんとも格の高さを感じさせる雰囲気が素敵です。

まず目が留まるのが、参道にある「潮観橋」と呼ばれる珍しいアーチ型の橋。

天保9年(1838年)から安政5年(1858年)の間に造られたそうで、大分県の有形文化財に指定されています。

そして橋を渡りきったところで、「別宮八幡社」と書かれた碑と鳥居が。 参道には立派な松が沢山あります。

こちらにある狛犬さんは、亀の上に乗っていますね!

参道を進んでいくと、なにやら立派な建物が。 これは江戸時代末期に建造されたといわれる、大きな二層の楼門です。

楼門の扉には、今にも飛び出してきそうな龍の彫刻も。

細かいところにおよぶ技巧が素晴らしくて、ずっと眺めていたくなります。

楼門からさらに中に入ると、灯篭が立ち並ぶ参道があり、奥に拝殿がありました。

灯篭の中には、入口の狛犬と同じく、亀の上に乗ったものもありましたよ。

拝殿は横に長いタイプの建物になっていて、中に入ってお参りすることができます。

別宮八幡社の創建は、養老年間(717~724年)。

宇佐神宮の分霊を勧請してお祀りした5つの「別宮」の一つで、現存する4つの別宮の中でも随一の規模を誇るそうです。

もともとご社殿は別の場所にありましたが、1413年に現在地に遷座されました。

そして、こちらが拝殿の中の様子です。

中からガラス越しに本殿に向かってお参りができますよ。

ご祭神として

〇誉田別命(応神天皇)

〇息長足姫命(神功皇后)

〇宗像三女神

・市杵嶋姫命(いきしまひめのみこと)

・田心姫命(たごりひめのみこと)

・湍津姫命(たきつひめのみこと)

がお祀りされています。

様々なご神徳がありますが、特に厄除け、交通安全、安産の祈願がさかんに行われているそうです。

そんな別宮八幡社さんでは、ご朱印をいただくことができます。

私が伺ったときは無人だったので、書置きのご朱印をいただきました。

「宇佐神宮分霊社」という朱印が押されていますね。

別宮八幡社さんでは、毎年7月29日、30日に行われる「オンバレ」と呼ばれる御田植え祭が有名なのだとか。

このタイミングの参拝もいいですね!

《別宮八幡社》

大分県豊後高田市香々地3596-1

豊後高田市ホームページ
豊後高田市ホームページはこちら 大分県豊後高田市の公式ホームページ。暮らしの情報や市外・県外の方への情報をはじめ、子育て・教育、健康・福祉、観光・イベントなどをお届けしております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次